塩なしベジタブルブイヨンでニンジングラッセはいかがですか?塩こうじをプラスすればコクUP

デトックスマニアのマナーナです。
ゲルソン療法でおなじみのニンジンですが、ニンジンジュースの搾りかすがもったいない、というお声も多いですね。
普段は、ニンジン搾りかすでカレー(私は市販ルーは使いません)を作ってもよいですが、飽きちゃったらニンジングラッセはいかがでしょうか?
○○園のニンジンジュースは、中国産を使用しているとか、、また、濃縮還元のジュースは、かえって身体に悪い、やっぱり地元野菜で自分で作りたいです。

Rapunzel, ベーガン野菜ブイヨン、塩添加なし、8キューブ (68 g)

しょっちゅう売り切れ、なのが難点です。

https://jp.iherb.com/pr/Rapunzel-Vegan-Vegetable-Bouillon-No-Salt-Added-8-Cubes-2-4-oz-68-g/30385?rcode=UMI865

これけっこう程よいお味です。ビーガンでも油が多いブイヨンもありますが、こちらはさっぱり、さらに、塩なしなので、自分で塩分調整できます。お塩マニアの方は、好きなお塩を、または、塩こうじをつかってもよいですね。
ニンジンジュースの搾りかすや、細かく刻んだニンジンをガラスの鍋にいれて、キューブを1つ

ガラスの鍋ですと、変な金属の味が入らないので、美味しさが増します。ニンジンだけでもよいし、余ったお野菜を入れちゃってもよいですね。
お塩やバター(ギーでも)はニンジンが柔らかくなってからお好みでどうぞ。
薄味なので、御粥みたいに食べられます。
ニンジンが嫌いな方は、黄色いニンジンを試してみてはいかがでしょうか?農家の奥さんも、黄色ニンジンではじめて違和感なく食べられたって、おっしゃってます。
研究者知人曰く、黄色ニンジンのほうが栄養あるとか、、、、ふーん、
愛をこめて、マナーナ

 

関連記事

  1. 喉の痛みには、大根ハチミツ

  2. ナッツとドライフルーツのすすめ「クレオパトラが好んだデーツ(なつめやし…

  3. 煮リンゴのすすめ(生リンゴの場合はりんご単体で摂取)

  4. インド料理の隠し味、魅惑の香りの虜になっちゃうオーガニック「カスリメテ…

  5. ハチミツは温めると毒になる

  6. 歯周病を自分で完治する方法。バイオフィルムを除去する事がポイント

  7. 忘れられない新芸術監督のオレリー・デュポンの美しさ。パリオペラ座上野公…

  8. 世界でもっとも高価と言われるスパイスサフラン、Frontier Nat…

おすすめ記事 最近の記事

アーカイブ