子宮頸がんはSEXによるウイルス感染です。

医師や同業者からよく聞く話の一つ、「せっかく子宮頸がんが治ったのに、また同じ人とSEXしてしまい、再発する女性が多い」と
わかっているけどやめられない?それはなぜか、思考が自分のものになっていないからです。

子宮頸がんはSEXによるウイルス感染

「いくら、別れなさいって言っても、また付き合っちゃう女性が多い」と占いをなさっている方から愚痴を聞きました、これは子宮頸がんの女性のお話し。(重度の糖尿病患者が糖尿病が原因で足を切断してもお酒を飲むのとある意味同じことかもしれませんが、、、、、、)
完治しても子宮頸がんの原因の相手と二度とその相手をSEXしてはいけません。
女性の多くが「ガンになったら自分に優しくしてくれたから・・・」と言ってまた付き合います。性・欲望をコントロールできなければ人生をコントロールできないことを理解しましょう。
よく弁護士の方が言いますが、多くの女性が「相手がいい人だから・・・」と言って根本を見失う・・・と
まさにその通り、自分の魂を見ていないってことなんですよ。
ウイルスが身体に入れば、また、子分の大腸菌や寄生虫を引き寄せてしまいます。
ウイルスや寄生虫は人間のインターネットよりすごいネットワークシステムを持っているのです。だから人間の思考をコントロールできるのです。自分の考えを取り戻しましょう。
クラジミアがいる方も多く、根本治療しなければガン予備軍であることを忘れてはいけません。もちろん、原因のそのお相手とはSEXは二度としてはいけません。完治したあなたには別の適切なパートナーがいるのです。またガンは切ることで飛び散ります。身体をめぐって別の病にならないように、メンテナンスしましょう。身体の隠れやすいところへとウイルスは潜みます。

魂も身体もメンテナンスしましょう

怒りや悲しみの感情は毒になります。また恐怖もおなじことです。
人によっては医師にガンを宣告されたことで、「私は死んでしまう」という思い込みが命を速めてしまう人もいます。
対処方法は強がりではなく、本当の自分を信頼することを行うことです。
ヒーリングで引き抜く思考は「私はもうだめだ」とか、「ガンになれば彼を引き付けて置ける」とか、正常でない思考を引き抜きます。

健全な思考になると交際する相手も変わります

この人でなきゃダメだ。という呪縛から解放されます。

関連記事

  1. DV(ドメスティック・バイオレンス)の悩みをスピリチュアル的に解決する…

  2. 肝臓の状態が酷いほど、気まぐれになり怒りっぽくなる。春は肝臓の症状が出…

  3. お友達に相談しても解決しないときがあります。

  4. 問題を引き起こす「重金属」。人間関係にも影響が出る。

  5. 御三家に警報発令!トリコモナス・カンジタ・クラミジアは内臓にもいます

  6. 人間は、もっとも模倣する生き物 7歳までの子供は周囲の環境そのもの。今…

  7. 性病や免疫について

  8. 嘘をつくとアストラル体に傷がつく

おすすめ記事 最近の記事

アーカイブ