シュタイナーの書籍で特に理解しやすい書、入門者だけでなく、瞑想修行の基本や霊的自己確認にも

マナーナです。

神智学の門前にて Byルドルフシュタイナー 翻訳 西川隆範

文書がとても難解で理解しにくいシュタイナーの書籍の中でも、こちらは、わかりやすい本です。翻訳が西川隆範先生なのもわかりやすさの理由かもしれません。

・この世の進化の過程
・この世に生まれた人間がどう行動すると良いのか
・見えない世界と物質界の関わりと整え方
・因果の関係
・死後の見せられるもの
・瞑想修行の基本
・偉人たちにおける事例

等々、すべての入り口(まさに門前)となるキーワードが書かれています。きっとヒントがビビッとくると思います。
シュタイナーの入門書としては、「ベーシックシュタイナー」を最初に読むとわかりやすいと言われますが、マナーナ個人的には、こちらの「神智学の門前にて」が大好きで何度も読んでいます。
図書館にもあるかもしれませんよ。

関連記事

  1. アナスタシア<ロシアの響きわたる杉>

  2. まだ間に合う、パラサイトクレンズのすすめ_その①

  3. ジャガイモは思考を停滞させる。「健康と食事」ルドルフ・シュタイナー

  4. 人生つれづれニャルままに

  5. オカルト生理学(=秘されたる人体生理)Byシュタイナー

  6. 真実を知りたい人におすすめの書「沈黙の声」H・P・ブラヴァツキー (著…

  7. 幼児教育を考えさせられる書、音楽教育従事者は目からウロコのシュタイナー…

  8. 子供に詰め込み教育をすると腎臓を悪くする?Byシュタイナー

おすすめ記事 最近の記事

アーカイブ