まだ間に合う、パラサイトクレンズのすすめ_その①

スピリチュアルコンサルティング_マナーナです。

まだ間に合う、寄生虫駆除のすすめ_その①

皆さんお腹にいろんな虫を飼っています。

その昔、マリアカラスが「スタイルを維持するためにサナダムシを飼っていた」という話もありますね。
そんなことをしていると、ケミカルなものがあふれているこの時代は、まっすぐガンになってしまいます。
寄生虫(回虫、ギョウチュウ、腸内吸虫など)が石油系溶剤に接することでサナギの殻をやぶり、人体を自由に動き回ることで行きついた先が肝臓の場合は、ガンになる、・・・・
詳しいことは、なぜか絶版になっている「ハルダクラーク博士のハーブでガンの完全治癒」をご覧になってください。

シータヒーリングを勉強した方なら、寄生虫駆除は必須と学んでいるはずです。ヴァイアナさんの摂取方法とは若干異なります。ということで、お腹の虫が卵を産む春と秋にはぜひ駆除大作戦を実行することをおすすめします。

3種類のハーブを同時に接種します。成虫、幼虫、卵を駆除する3点セットで摂取してください。感情に変化も出ますが、詳細は別便で

<基本のハーブ3種>

①黒ぐるみエキス(グリーンハルだけが効果があります)

https://jp.iherb.com/pr/Eclectic-Institute-Black-Walnut-2-fl-oz-60-ml/2824?rcode=UMI865

②ニガヨモギエキス(超お通じがよくて気持ちいいです)

https://jp.iherb.com/pr/Eclectic-Institute-Organic-Wormwood-2-fl-oz-60-ml/3044?rcode=UMI865

③クローブ(スパイスではだめです)

https://jp.iherb.com/pr/Kroeger-Herb-Co-Fresh-Ground-Cloves-100-Veggie-Caps/10612?rcode=UMI865

関連記事

ピックアップ記事

2018.6.16

コロイダルシルバーで口腔がんが、1か月で完治した方のお話し

デトックス隊長のマナーナです。 末期の口腔がんの方 知人医師のところに、歯医者さん、そして、口腔外科もあきらめた「末期口腔がん」50代の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る