シータヒーリング-感情には毒のようなものがあり、それが病気の原因

マナーナ流用語解説

シータヒーリングとは、

ヴァイアナ・スタイバルが創始者の奇跡のヒーリングと言われる「シータヒーリング」で最も良く知られているのはその思い込みへの働きかけと感覚感情の解放と創造です。
思考の核のレベル、遺伝レベル、歴史レベル、魂レベルの4つのレベル全てに働きかけることができます。

感情には毒のようなものがあり、それが病気の原因となっている

ということは、科学的な証拠も見つかってきています。
感情や感覚、思考のパワーといったものが肉体的な健康に直接的な影響を与えているということに人々は気づき、心に振り回されることなく、魂と対話することで身体の健康を得ようというテクニックです。
シータヒーリングでは、お客様の許可を得てクライアント目線のパラダイムから創造主と対話し最高最善になることをヒーラーが見届けるという作業を行います。
この見届けることがポイントになります。

がん研究専門の松野哲也先生も、抗がん剤はダメ、脳のA10神経が自身を治療するとおっしゃっています。
A10神経とは正しい瞑想で活性化される場所です。

 

関連記事

  1. スピリチュアルコンサルティング

  2. シータ波とは

  3. エドガー・ケイシー

  4. 松野哲也先生「ガンは怖くない」

  5. クリスマスイブのイブとは、イブニングの意味で日没が日にちの変わり目

  6. 瞑想

  7. 善と悪、そして良心は(大人になってから読むトルストイも新鮮です)

  8. 千島学説

おすすめ記事 最近の記事

アーカイブ