ゲルソン療法がんと慢性病のための食事療法

デトックス隊長のマナーナです。
日本でもたくさんの方がゲルソン療法で体調を回復されています。そして病院などでも取り入れているところもありますね。

ゲルソン療法 著者シャルロッテ・ゲルソン 訳者氏家京子さん

日本で本当のゲルソン療法をご存知な方は、こちらの訳の氏家京子さんだけらしいです。氏家さんは、米国のゲルソン治療院で本当に勉強なさってた方です。著者のシャルロッテ・ゲルソンさんは、ゲルソン博士の娘さんです。

マックス・ゲルソン博士

ドイツ生まれ(今のポーランドらしいです)のゲルソン博士は、ノーベル賞を受賞したシュバイツアー博士とお友達だったそうです。そのシュバイツアー博士がゲルソン博士のことを「天才だ」と称賛していたそうです。
癌を100%完治させた食事療法としてもっとも信頼できる食事療法として多くの方が実践しています。日本では日本流にアレンジしている部分があるので、正確な情報は著者の氏家さんの翻訳本をご覧になるのがよいと思います。また講演会をなさっている酒向先生(ゲルソン療法と千島学説にお詳しい先生)のお話も参考になると思います。

基本はスロージューサーで作ったニンジンジュース

癌はニンジンが苦手、なるべく作り立ての酵素がたくさんのニンジンジュースを召し上がってください。末期のガンの方は1時間ごとに一日1.5リットルも飲むそうです。ニンジンジュースは意外と太りますので、癌でない方は朝ご飯替わりの1杯がちょうどよいかと思います。人参以外にも緑黄色野菜や塩分に注意したり基本はオーガニックのフレッシュジュースで栄養を補給していきます。アメリカの有機野菜は、本当に元気で、虫もつかないらしいです、日本の有機野菜は今一つ元気のないお野菜が多いですよね。栄養士の方が、スーパーのオレンジのビタミンCを計測したらゼロだったそうです。

乳がんの方は大豆の摂りすぎに注意してください

女性ホルモンを刺激するので、たんぱく質の多く消化のよいオートミールにしてもよいですね、

補酵素コエンザイムQ10

比較的後半に追加された補酵素サプリメントとしてコエンザイムQ10があります。年齢とともに必要な方も多いこの補酵素は敏感な方もいらっしゃるので、最初は1日50mgを1週間からはじめ、その後100mgに増やし最終的には、、、あとは本をご覧ください。コエンザイムQ10はご自分の好きなメーカーでよいと思いますが、おすすめはソルガー社、コスパの良いものではカリフォルニアゴールドでしょうか。ベジタリアンカプセルのものをチョイスなさってください

https://jp.iherb.com/pr/Solgar-Vegetarian-CoQ-10-200-mg-60-Vegetable-Capsules/22432?rcode=UMI865

https://jp.iherb.com/pr/California-Gold-Nutrition-CoQ10-100-mg-30-Veggie-Softgels/61073?rcode=UMI865

私はHealthy Originsのユビキノールも好きです
https://jp.iherb.com/pr/Healthy-Origins-Ubiquinol-Kaneka-QH-Natural-100-mg-60-Veggie-Softgels/66498?rcode=UMI865

関連記事

ピックアップ記事

2017.2.15

乳がんと牛乳

ナチュラリストのマナーナです。乳がんの方が増えていますね。いろいろな要因がありますが、乳製品を断ってみるのはいかがですか?健康な方や重病で…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る