まだ間に合う、パラサイトクレンズのすすめ_その①

スピリチュアルコンサルティング_マナーナです。

まだ間に合う、寄生虫駆除のすすめ_その①

皆さんお腹にいろんな虫を飼っています。

その昔、マリアカラスが「スタイルを維持するためにサナダムシを飼っていた」という話もありますね。
そんなことをしていると、ケミカルなものがあふれているこの時代は、まっすぐガンになってしまいます。
寄生虫(回虫、ギョウチュウ、腸内吸虫など)が石油系溶剤に接することでサナギの殻をやぶり、人体を自由に動き回ることで行きついた先が肝臓の場合は、ガンになる、・・・・
詳しいことは、なぜか絶版になっている「ハルダクラーク博士のハーブでガンの完全治癒」をご覧になってください。

シータヒーリングを勉強した方なら、寄生虫駆除は必須と学んでいるはずです。ヴァイアナさんの摂取方法とは若干異なります。ということで、お腹の虫が卵を産む春と秋にはぜひ駆除大作戦を実行することをおすすめします。

3種類のハーブを同時に接種します。成虫、幼虫、卵を駆除する3点セットで摂取してください。感情に変化も出ますが、詳細は別便で

<基本のハーブ3種>

①黒ぐるみエキス(グリーンハルだけが効果があります)

https://jp.iherb.com/pr/Dr-Clark-s-Purity-Products-Green-Black-Walnut-Hull-Tincture-1-fl-oz/20497?rcode=UMI865

②ニガヨモギエキス(超お通じがよくて気持ちいいです)

https://jp.iherb.com/pr/Eclectic-Institute-Organic-Wormwood-2-fl-oz-60-ml/3044?rcode=UMI865

③クローブ(スパイスではだめです)

https://jp.iherb.com/pr/Kroeger-Herb-Co-Fresh-Ground-Cloves-100-Veggie-Caps/10612?rcode=UMI865

関連記事

  1. 幼児教育を考えさせられる書、音楽教育従事者は目からウロコのシュタイナー…

  2. 子供に詰め込み教育をすると腎臓を悪くする?Byシュタイナー

  3. 映画THE READINGS『リーディング~エドガー・ケイシーがのこし…

  4. ジャガイモは思考を停滞させる。「健康と食事」ルドルフ・シュタイナー

  5. シュタイナーの書籍で特に理解しやすい書、入門者だけでなく、瞑想修行の基…

  6. 人生つれづれニャルままに

  7. 真実を知りたい人におすすめの書「沈黙の声」H・P・ブラヴァツキー (著…

  8. アナスタシア<ロシアの響きわたる杉>

おすすめ記事 最近の記事

アーカイブ