ついつい後回しにしてしまう行動パターンの原因は

マナーナです。

何かをついつい「後回しにしてしまう行動」の原因は、ずばり寄生虫がいる証拠です。
また、「家族やなにかの犠牲になってしまう」、「利用される」これも寄生虫がいることによって引き起こされる感情です。

ハルダクラーク氏による3つのハーブによる寄生虫駆除(成虫、幼虫、卵)が基本です。
①黒ぐるみエキス(グリーンハルのみ)②ニガヨモギ③クローブ

https://jp.iherb.com/pr/Eclectic-Institute-Black-Walnut-2-fl-oz-60-ml/2824?rcode=UMI865

または、ラスカル

https://jp.iherb.com/tr/cb?pcodes=KHC-10030_KHC-10035_ECL-38819&rcode=UMI865

これもおすすめ パラサイトクレンズ Crystal Star, 寄生生物除去、6植物性カプセル

https://jp.iherb.com/pr/Crystal-Star-Parasite-Purge-60-Veggie-Caps/57446?rcode=UMI865

しかし、寄生虫も進化しています。私は、ザッパーや、ボブベック仕様の4Hz周波数で駆除をしますが、非常によく眠れます。
寄生虫は二次元の生き物なので、壁から入ってくるともいわれています。
先日、ガンの検査でひっかかったという方に、私のザッパーを貸し出したところ3週間後の検査で陰性と出ました。血液浄化が非常に速いです。

そもそも寄生虫に共鳴しない精神、思考が大事ですが、
駆除をやってみてることに恐怖を感じる人は、明らかに寄生虫の思考になっていることを知っておいてください。

また、駆除をしているときに、なんだか悲しくなる、ネガティブになる方も多いですが、これも寄生虫が駆除される悲しみを宿主に送り込んでいます。
シータヒーリングを勉強される方は、みな寄生虫駆除をしますが、上記の共通の思考を経験しています。
寄生虫と共鳴してしまう思考をカウンセリングなどで要因をクリアすることが根本解決になります。

寄生虫駆除中には、重要な決め事をしない。正常な判断ができにくい時期

駆除される寄生虫は必死の思いで、宿主に感情を送り続けます。この駆除の時期(一般的には21日間)は、大きな買い物や、契約、結婚離婚などは控えて、淡々と駆除しましょう。
身体をアルカリ性に保っておくと、寄生虫は生息しにくいです。週2断食なども理にかなった習慣になります。
過食気味の方(甘党の方など)は、カンジタ菌がいます。身体をアルカリに保つ食事をしましょう。

自分の人生を送るために、寄生虫駆除は必須のことと知っておいてください。
またこれらの寄生虫が石油溶剤の力をかりて、身体を自由に動き回るとガンや糖尿などの要因になります。

自分の人生を肯定して生きるために
愛をこめて、マナーナ

 

関連記事

ピックアップ記事

2018.5.19

歯周病を自分で完治する方法。バイオフィルムを除去する事がポイント

デトックス隊長のマナーナです。 歯周病でお困りの方が多いですね、歯周病を侮ってはいけません、菌ですので、口臭だけでなく、血液をめぐって心臓…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る