• 2018.12.20

周波数がTEDで紹介されました。「周波数と医療」

バイオレゾナンス製品大好きのマナーナです。
製品として興味を持ったのは25年前、ドイツのパウル・シュミット博士の製品レヨネックスでした。ふとしたきっかけで、代理店立ち上げのお手伝いをさせていただき、すっかりマニアに、、、それからライフ博士の製品を2台、ボブベックの製品などいろいろ、、、現在はロイヤル・レイモンド・ライフ博士の周波数を出せるプラズマをサロンで導入しています。私は医師ではないので、あくまでヒーリングとしてとらえてください。医療行為ではありません。

バイオレゾナンスとは
バイオ(生体)レゾナンス(共鳴)という意味で、各臓器もある周波数を出しています。不調になると正しい周波数を出せなくなるといわれています。モーツアルトを聞くと、体調が良くなったり、農作物が美味しくなるということもある意味同じですね。
ただ、シュタイナーが、基本音の周波数を米国が変えたことで、「音楽が悪い影響を起こす時代が来る」という言葉も残しています。

TEDでも紹介されました。チャンネル登録をされた方はすでの1610万人越えです。こちらのリンクでは、日本語に翻訳してくださった方がいらっしゃしゃいました。

関連記事

ピックアップ記事

2018.7.15

ケーキが大好きな方は、・・・カンジタ菌の危険性

デトックス隊長のマナーナです。 ケーキが好きな方は、白砂糖を摂取してますよね。もっとも中毒性のあるものの一つが白砂糖。その原因は ケーキ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る