御三家に警報発令!トリコモナス・カンジタ・クラミジアは内臓にもいます

デトックス隊長のマナーナです。
トリコモナス、カンジタ、クラミジアは性病だと思っていませんかぁ?体中を動いていくんです。

メタトロングレートハンター検査で最後に残ったものは、、、

胃痛や十二指腸や消化の問題を抱えた方の事例ですが、長期にわたっていろいろ駆除していき、最後に残ったものは、胃にいた回虫(トリコモナス)、メタトロンではアメーバとか、二次元アメーバとも表示されます。
性病だと思っている方が多いですが、何十年も前に感染したものが内臓に潜んでいるケースはたくさんあります。

頑固なものは、ヘルペス、カンジタ、トリコモナスなど

一般的な寄生虫駆除の周波数では除去できない高い周波数をもつカンジタ(糸状菌)やヘルペス、二次元アメーバ(トリコモナス)は、とてもしつこいです。
膣だけだと思ったら大間違いです。ザッパーでも、対応できないものがほとんどです。
ライフマシンや、Frex16には周波数リストにあります。

性病御三家は、癌を呼びます。カンジタ、トリコモナス、クラミジア

ヘルペス菌があると、いろいろなものを引き寄せてしまいます。母子感染が多いですが、疲れた時だけ出るヘルペスなんて思っていないで、根治に向けてスピリチュアルから浄化していきましょう。
スピリチュアル的な解釈ですと、「価値」に関する問題、思考パターンにあります。
カンジタ、トリコモナス、クラミジア経験があれば、ガンが手ぐすね引いて待ってます。
ガンは怖くありません。対処方法を知っていれば、根治できます。ですが、予備段階で回避できたらよいですよね、

クラミジアは虐待の波動にも関係しています。

人によって虐待と感じる事柄が異なります。
クラミジアは虐待の波動にも関係しています。また、一般的な婦人科検診では検知できないレベルもメタトロングレートハンターでは検知できます。

メタトロンは、玉ねぎの皮のように、大きな外側の問題から深部に掘り下げていく

だから、次から次へと病が出てくるように感じる方もいますが、本人が浄化していきたい意志があれば、過去にさかのぼるように潜んでいる原因が見つかります。
これからは波動治療の時代です。お薬が売れなくなる時代、だから必死にがん検診をCMしているのです。米国では子宮筋腫を手術なんてしません。

スピリチュアルでは、先祖のレベルから引き受けた原因も解決できる

シータヒーリングのヴァイアナさんも言っていますが、先祖の病を突然変異した形で異なる病(DNA)で持っていることがあります。何世代も引き継がれると考えられています。
マヤズム(瘴気)は、先祖が羅漢したものが、真菌類としてDNAに入り込んでいるという考えです。ホメオパシーなどでは使われる言葉です。

マヤズムがアクティブになるときとは

潜んでいたものが爆発するときの、トリガーは、

ストレス・過食・偏食・冷え・不摂生・疲労・薬品・化学物質・不安・恐怖・心配・怒り・恨み・我慢・責める気持ち

などがあります。

多くの菌、ウイルスに効果を発揮するコロイダルシルバー

マナーナラボとして、nano化した低濃度でも効果を発揮するコロイダルシルバーをお分けしています。お徳用サイズです。
コロイダルシルバーは、無臭で多くの菌に効果を発揮することは昔から証明されています。(ノロには、次亜塩素酸ですね。)
nano化しているということは、レーザーポインターを当てると、レーザー光線がコロイド銀を証明してくれます。くれぐれも、レーザーポインターの使い方に注意してくださいね。直接レーザーポインター見ないこと。
昔の人が銀食器を使っていた理由がわかりますね。銀は、菌を寄せ付けないのです。

表面化したときが、解決のタイミング

私たちは、魂を浄化するために生まれてきました。
解決できないことはないと考えてポジティブに取り組みましょう。
私たちは、解決する課題を選らんで生まれてきています。それがスピリチュアルコンサルティングの目的です。敵視する必要はありません。すべてに役割があり、学ぶために存在します。

全てに愛をこめて、マナーナ

 

関連記事

ピックアップ記事

2018.6.16

コロイダルシルバーで口腔がんが、1か月で完治した方のお話し

デトックス隊長のマナーナです。 末期の口腔がんの方 知人医師のところに、歯医者さん、そして、口腔外科もあきらめた「末期口腔がん」50代の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る