常備していただきたいキャスターオイル(ヒマシ油)、傷にも体内浄化にも、ニンジンジュースにプラスしても

自然派隊長のマナーナです。
上質のヒマシ油は、万能です。化粧品にも含まれているものも多いです。ファンデーションなどの成分をみるとけっこうヒマシ油と書かれているものがあります。

ヒマシ油はとっても敏感、育った環境の影響を受けます

エドカー・ケイシー処方のHERITAGEのヒマシ油なら安全です。

https://jp.iherb.com/pr/Heritage-Store-Organic-Castor-Oil-16-fl-oz-480-ml/22831?rcode=UMI865

日本で売っているヒマシ油は、加香ヒマシ油です。写真のヒマシ油はたっぷり入って1300円くらいです。肝臓パックなどをするならこの上質なヒマシ油にしましょう。
ヒマシ油は生育環境を繊細に記憶しています。肝臓パックはデトックスなので、とくによい環境のヒマシ油を使うようにします。

ニンジンジュースを飲むときに、小さじ一杯のヒマシ油を

低温圧搾ジューサーで自分で作ったニンジンジュースを飲むときに、ヒマシ油を一緒に取ることを勧めているのが、エドガー・ケイシーです。
ヒマシ油は下痢をするので、外出直前は避けたほうがよいですね。
油が口に残るような感じがして苦手な方は、HERITAGEでヒマシ油カプセルもあります。オレガノも入っているので、飲みやすく、少量なので、下痢もしないと思います。

https://jp.iherb.com/pr/Heritage-Products-Castor-Oil-725-mg-60-Veggie-Liquid-Caps/55700?rcode=UMI865

補足:ニンジンは、油ととても相性がよいです。ニンジンジュースを飲むときに、コエンザイムQ10や、アスタキサンチン、ビタミンE,オメガ3などのサプリをとると吸収しやすいです。

春は肝臓が浄化する季節、ヒマシ油肝臓パックで浄化を

肝臓は、沈黙の臓器です。50年たって症状が出る臓器。シュタイナーいわく、例えば、子供のころに飲んだ水やミルクの症状が50歳で出ることもあります。
浄化しても浄化しても肝臓は耐えています。
ヒマシ油パックをして肝臓を温めると、深い愛を感じます。私はドイツ製湯たんぽを使います。TVを観ながらとかでなく、横になり、肝臓と対話するつもりで肝臓パックをしましょう。熟睡してしまいますが、朝までそのままだと、冷えてしまうので、1~2時間程度にして、しっかり、重曹タオルでふき取りましょうね。
コットンフランネル

https://jp.iherb.com/pr/Heritage-Products-Cotton-Flannel-Palma-Christi-13-x-15-in-33-x-38-cm/6477?rcode=UMI865

キャスタークリーン(重曹ウエットシート)これ便利です。

https://jp.iherb.com/pr/Heritage-Products-Castor-Clean-Towelettes-Unscented-40-Wet-Towelettes-5-in-x-8-in-Each/42370?rcode=UMI865

みなさんの肝臓に愛と調和をこめて、マナーナ

関連記事

ピックアップ記事

2018.6.16

コロイダルシルバーで口腔がんが、1か月で完治した方のお話し

デトックス隊長のマナーナです。 末期の口腔がんの方 知人医師のところに、歯医者さん、そして、口腔外科もあきらめた「末期口腔がん」50代の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る