神智学、精神科学とは、アインシュタインの愛読書と言われている「シークレットドクトリン」

神智学とは、神聖な科学です。

「神智学」とは、文字通り「神聖な智慧」です。それは神聖な知識であり神聖な科学です。
時代や地域や民族や国や文化を越えて普遍的に存在する神聖な智慧の教えです。
奥深い神聖な智慧というのは、言葉やその他の形式によって隠されてしまい、簡単には見えなくなってしまうものなので、人々には隠されたものになってしまいます。そのために、このような神聖な智慧の教えはエソテリシズム(秘教)だとかオカルトなどと呼ばれることもあります。
神智学における頂点的存在がホワイトブラザーフットになります。
現在、日本にはホワイトブラザーフットの正規課程を修了し、イニシエートを受けた人は、一人しかいません。
ホワイトブラザーフット通信課程修了者は「療法の真義」著者林鉄三氏他数名います。

アインシュタインの愛読書といわれている「シークレットドクトリン」

シークレットドクトリンの著者マダムブラバツキーとオルコット大佐がNYに神智学協会を設立しました。

人智学、精神科学とは

神智学協会ドイツ支部に在籍し講義をしていたルドルフシュタイナーが後に人智学、精神科学という体系を確立し教育や医療芸術の理想体型を作りました。唯物論的思想では解決しない問題を明快に論じています。真実を見抜く目を養うための分野と思います。いまでもアインシュタインやシュタイナーはアストラル界で講義をなさっています。シュタイナーの翻訳を担当なさっていた西川先生の本はとてもわかりやすいです。速記のメモしかのこっていなかった資料からどうしてこんなにわかりやすく書けるの?って、それは、西川先生がアストラル界のシュタイナーとつながっているのからなのですね。

マナーナの補足
超道徳的な生き方でしか、真のスピリチュアル浄化はありえないとシュタイナーは論じています。ありがちな見えないものからのメッセージは魔物です。自分がどことつながっているのか?ここを明確にせずに物質界をコントロールすることにより、多くの問題が生じます。

関連記事

ピックアップ記事

2018.6.16

コロイダルシルバーで口腔がんが、1か月で完治した方のお話し

デトックス隊長のマナーナです。 末期の口腔がんの方 知人医師のところに、歯医者さん、そして、口腔外科もあきらめた「末期口腔がん」50代の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る