千島学説

千島学説とは、千島喜久男博士が、1963年から提唱した学説です。
ウィキペディアでは、インチキだと言っていますが、ウィキを信用してはいけません。

千島学説は、学説というより本当のこと、現代の医学、製薬業界が成り立たなくなります。

東洋医学やマクロビなどをお勉強している方には、絶賛されていますね。私も勉強しています。小腸がを作るのです。代表的なもののなかに

・血液は小腸の絨毛で造られる説。
(現代医学では、血液は骨髄から造られるという考え)

日本ではタブーとされていますが、NYの医学部に入った知人は、大学で6冊?授業で勉強したとか、、、どうして日本の医学部では勉強できないのでしょう?

関連記事

ピックアップ記事

2018.5.19

歯周病を自分で完治する方法。バイオフィルムを除去する事がポイント

デトックス隊長のマナーナです。 歯周病でお困りの方が多いですね、歯周病を侮ってはいけません、菌ですので、口臭だけでなく、血液をめぐって心臓…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る