守護天使との交流、それはいつ?魂の安らぎを感じ取るタイミングとは

スピリチュアルコンサルティング&ヒーリング_マナーナです。

私たちは毎日、守護天使と会っています。(第1の出会い)

私たちが眠りについてから、目覚めるまでのちょうど中間点、このときに守護天使と毎晩交流しています。近年は、眠る時間が人それぞれ異なりますが、誰でも眠っている時間の中間あたりで守護天使と会っています。私たちが、魂の安らぎを得るような感覚は、守護天使と毎晩会うことができていることによります。精神科学の観点では、睡眠は肉体疲労回復という意味ではなく、魂の安らぎからパワーを得たと解釈できます。霊性が高まると目覚めた時に守護天使との余韻を感じ取れるようになります。だから瞑想は起床時の早朝(午前3時~6時)に想念体が動き出す前に行うのがよいのです。

眠るときは、目を閉じてね!
感覚的に印象を感じればよいのです。天使には形がありませんので。

クリスマスの時期は、生命霊との出会い(第2の出会い)

毎年のクリスマスから新年にかけての時期は、アストラル体(感情体)と生命霊との出会いが明確になる時期です。大天使の領域から強く無条件の愛の力と交流する時期でもあります。自由な概念での宗教意識(スピリチュアル性)や精神科学を感じるのにもっともよい時期となります。
このクリスマスから新年までの時期に得た感覚が地球上の人間と正しく結びつく時期が、復活祭(春分の日から最初の満月に続く日曜日)になります。

クリスマスから新年の時期はとても神聖な時期

クリスマスの時期は、心静かにたくさんの感覚を受け取ってください。そして、自分との交流を深めて春へのパワーとしてください。誰もが受け取ることができるものです。

関連記事

ピックアップ記事

2018.7.15

ケーキが大好きな方は、・・・カンジタ菌の危険性

デトックス隊長のマナーナです。 ケーキが好きな方は、白砂糖を摂取してますよね。もっとも中毒性のあるものの一つが白砂糖。その原因は ケーキ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る