人の想念が地球を汚している。アトランティス大陸が海に沈んだ理由を今考える

心身デトックス隊長のマナーナです。

アトランティス大陸がなぜ海に沈んだのか?

人智学(シュタイナー)では、人が欲望を主に行動したから、それは、性の乱れや、魔術などの左の道に行ったから、などが言われています。インドで牛が神様と言われている理由は、アトランティス時代の人が牛として生まれ変わっているから、勘違いしているとも、アトランティス時代のマントラムの中には、来世に牛になってしまうもっとも有名なマントラムもあります。
これは、闇のサイクルにハマってしまう例です。

エドガー・ケイシーが述べたアトランティス大陸が海に沈んだ理由は、「神を忘れ、唯物主義に走り、
当時の、エネルギーシステムとして使われていたクリスタル装置を破壊的な目的に乱用したため、
暴走してしまったことがきっかけ・・・」と。
私は、今の地球の状態、そして、誤ったスピリチュアルの使い方などが当てはまると感じます。

想念を出さないこと。心静かに調和する。感謝する。

神が起こす自然災害は、人の想念の影響だともいわれています。たくさんの被害を出さずに私たちができることは、調和を中心とした心で欲望の想念を出さないこと。とホワイトブラザーフットの教えもあります。

人は、霊性を持って生まれています。霊性を高めることが生まれた理由です。

動物たちと違うところは、人は霊性を持って生まれ、それを高めるための課題をこなすための人生を自分で選んで生まれてきました。そのための病気であったり、いろいろな心を悩ませる出来事が起きます。
だから、学び取って進んでください。もちろん鏡の体質のマナーナがお役に立てるはず。

みなさんの調和に愛をこめて、マナーナ

関連記事

ピックアップ記事

2018.6.16

コロイダルシルバーで口腔がんが、1か月で完治した方のお話し

デトックス隊長のマナーナです。 末期の口腔がんの方 知人医師のところに、歯医者さん、そして、口腔外科もあきらめた「末期口腔がん」50代の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る