メタトロンは非炎症性ガンを検知しない?

スピリチュアルコンサルティング&ヒーリング_マナーナです。

先日、子宮頸がんステージ4で手術直前の女性を、メタトロン上位機種で検知しないことがありました。

手術直前のステージ4のガンを検知しませんでした。治療により炎症がおさまっていたにもかかわらず、大量の出血、自分の手でも確認できるほどのガンの方でした。
これは、炎症性のものは検知するが、休止状態だと検知しないようです。最上位機種ホスピタル(4000項目チェック)ですと検知するようです。
日本にもっとも流通しているメタトロン下位機種「ロータス」や「製造中止のエメラルド」は700~800項目しか検知しませんので、ちょっと心配ですね。知人米国医師も、ロータスやエメラルドの検査で安心してはかえって問題との発言もしています。
メタトロンは素晴らしいもので、私の人生の集大成とも思えるものですが、種類がいろいろあることを知っておきましょう。
当ホームページの「メタトロン」を参照してください。
現在、この子宮頸がんステージ4の女性の体調は良好です。パートナーとの関係改善と、松野先生のプロポリスとメタトロングレートハンターで現在は退院し元気になさっています。
メタトロンで検知はしませんでしたが、即松野先生のプロポリスを飲み、3日で出血がとまり、手でわかるほどの大きさのガンがどんどん小さくなり、手術も楽に終わりました。
検査されるメンタルなども非常に大きな影響を受ける繊細なメタトロン、メタトロン任せにする検査ではなく、スピリチュアルも働かせてお客様と向き合う必要性をぜひメタトロンユーザで共有していただきたいと思います。

メタトロン検査は、最低1400項目は検知できる上位機種で行いましょう。
当サロン推奨のグレートハンター(英語版)は、サクラ、レッドドラゴンと同様1493項目検知します。

メタトロンによるメタセラピー(周波数のずれを解消する)は、今後の医療の中心になると思います。MRIやCT、レントゲンなどのように害はありません。無害のメタトロン検査は人間ドックより手軽で精度がよいです。もとは宇宙飛行士のために作られた検査治療機器です。医療用語の誤解釈を防止するために、また、メタトロンの分析結果を理解しやすいように、当サロンでは米国医師開発の分析ツールをサービスでお付けしております。

周波数を当てているときはよいのに、止めるとすぐまたもとに戻る?
簡単に治るけれど、なかなか根治しない。問題は、寄生虫や感情の問題が潜んでいます。

20年ほど前から波動療法(ドイツのREYONEX)を行っていましたが、すぐにもとの状態にもどってしまう、なかなか根治しない。ここに疑問点をもっておりました。
問題は、寄生虫や感情の問題が潜んでいます。メタトロンでは、寄生虫駆除はできません。寄生虫駆除をするハーブなどきちんと対処する必要があります。
多くの方をみていて、寄生虫にも感情があり、宿主と寄生虫の同じ感情(周波数)で引き寄せます。手術をしても根本が改善される必要があります。
また、松野哲也先生(用語集参照ください)もおっしゃっていますが、抗がん剤が命を落とす原因になります。

寄生虫は石油製品(溶剤)との組み合わせでガンを引き起こす。

ハルダクラーク氏が発見した溶剤との組み合わせで寄生虫が人体を動き回れるようになると、病が悪化します。身体がアルカリ性になっていれば寄生虫は増えません。現代の食生活や洗剤、シャンプーなどに含まれる溶剤によりガンが誘発されます。春と秋には必ず寄生虫駆除をしましょう。ハーブによるアドバイスのほか、音叉、特定周波数による寄生虫駆除や、寄生虫を引き寄せる感情のクリアはご相談ください。マナーナは得意といしている分野です。本ブログの健康管理や書籍カテゴリーをぜひご参照ください。

対処療法でなくスピリチュアルも含めて自分をケアするようお勧めします。

人体に栄養を与えるエーテル体そして、その周りを囲むアストラル体(感情の層)をクリアにすることで、人体が整います。当サロンではニーズに合わせてアストラル体の問題も取り組んでおります。

 

関連記事

ピックアップ記事

2018.6.16

コロイダルシルバーで口腔がんが、1か月で完治した方のお話し

デトックス隊長のマナーナです。 末期の口腔がんの方 知人医師のところに、歯医者さん、そして、口腔外科もあきらめた「末期口腔がん」50代の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る