「美肌は内臓から、美肌は自分で作る」自分に合った食事を知ること、エドガー・ケイシーを知ると自宅から豚肉が消える

「美肌は内臓から、美肌は自分で作る」のマナーナです。
先日、世界の北野たけしさんが、「新聞は日付しか合っていないと思っている」とおっしゃっていました。メディアもいろいろな規制があって真実でないことが多いです。ご自分と対話できる、自分を信じることができるのが大事ですね。

エドガー・ケイシーを知ると、キッチンから豚肉が消えてガラスの鍋がキッチンに来る

エドガー・ケイシーが残した言葉で体調や心を回復される方が非常に多いです。今日は、豚肉についてお話します。ケイシーは、豚肉に注意するよう言っています。乾癬の方は、とにかく赤みの肉(特に豚肉)を止めるように言っています。

ユダヤ民族は、なぜ豚肉を食べないの?それは糖尿病を防ぐため

「ユダヤの戒律で豚肉を禁じている」その理由をシュタイナーいわく、「豚肉は糖尿病を起こしやすい。ユダヤ人はそれを知っているから」と明言しています。
ユダヤ民族は、糖尿病を起こしやすい人種だそうで、それを彼らは知っている、だからお肉の処理や調理方法に厳格なルールを用いています。モーゼによる食事の規定にそれが書かれているそうです。
最近のユダヤ民族は、戒律を厳格に守らない方もいらっしゃるので、全ての方ではないですが、
コーシャ料理のレストランに、ハムなどがあるのを見かけるので、「あれ?」って思うことがありますが、厳格なルールでないユダヤの方もいらっしゃるし、日本人のテイストに合わせて食材を出しているのかもしれませんね。厳格なルールを守っている「黒い服」の日本でいる僧侶みたいな方は、絶対に豚肉は食べません。

豚肉は糖分の消化を著しく困難にさせる

シュタイナーは「健康と食事」の中の一説で、「豚肉は糖分の消化を著しく困難にさせる」と論じています。

豚肉は、40分加熱しないと寄生虫駆除できない

寄生虫と石油溶剤のセットがガンの根源であると提唱するハルダ・クラーク博士は、豚肉は40分以上加熱しないと安全とは言えない。と論じています。えーっ???って感じでしょう?そうらしいですよ。
私も、大好きだった、生ハム、ベーコン。すべて止めました。

寄生虫は、宿主の人間に思考を送ります。

自分を取り戻すためには、寄生虫に去っていただくことが必要です。自分の思考がない状態になります。
例:人に利用される。物事を後回しにする・・・歯ぎしり・・・各種疾患(がんをはじめとする病多々)

寄生虫のある人に、寄生虫駆除を提案したところ・・

「わー、怖い~」というお返事がありました。思わず、「それ、誰の発言?」と聞いてしまいましたが、寄生虫に宿主の思考が乗っ取られている状態です。
寄生虫も進化しています。まずはとにかく定期的な駆除をして、ご自分を取り戻しましょう。

多くの人は、正しくハーブを摂取できていません。

寄生虫の思考に負けてしまう方が多いです。また、寄生虫駆除を妨害するものが、パン食などです。ハーブでの寄生虫駆除は基本ですが、糖尿病の方など、アレンジした方がよいハーブもあります。また、ペースメーカーや妊婦さん以外は、4HZザッパーでの寄生虫駆除もできますので、ご相談ください。

皆さんの健康に愛をこめて、マナーナ

 

 

関連記事

ピックアップ記事

2018.6.16

コロイダルシルバーで口腔がんが、1か月で完治した方のお話し

デトックス隊長のマナーナです。 末期の口腔がんの方 知人医師のところに、歯医者さん、そして、口腔外科もあきらめた「末期口腔がん」50代の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る