千島学説

千島学説とは、千島喜久男博士が、1963年から提唱した学説です。
ウィキペディアでは、インチキだと言っていますが、ウィキを信用してはいけません。

千島学説は、学説というより本当のこと、現代の医学、製薬業界が成り立たなくなります。

東洋医学やマクロビなどをお勉強している方には、絶賛されていますね。私も勉強しています。小腸がを作るのです。代表的なもののなかに

・血液は小腸の絨毛で造られる説。
(現代医学では、血液は骨髄から造られるという考え)

日本ではタブーとされていますが、NYの医学部に入った知人は、大学で6冊?授業で勉強したとか、、、どうして日本の医学部では勉強できないのでしょう?

関連記事

  1. 神智学、精神科学とは、アインシュタインの愛読書と言われている「シークレ…

  2. シータヒーリング-感情には毒のようなものがあり、それが病気の原因

  3. 瞑想

  4. 善と悪、そして良心は(大人になってから読むトルストイも新鮮です)

  5. スピリチュアルコンサルティング

  6. 松野哲也先生「ガンは怖くない」

  7. ヨーガとヨガ

  8. シータ波とは

おすすめ記事 最近の記事

アーカイブ