クリスマスイブのイブとは、イブニングの意味で日没が日にちの変わり目

マナーナです

クリスマスイブとは

ユダヤ暦や教会暦では、日没が日にちの変わり目なので、24日の日没(イブニング)以降がクリスマスなのです。なので、12月24日の日没から25日の日没までがクリスマス当日になります。時差はありますが、世界中が一斉に祈りをする神聖な時です。いつも意識が外に向いている方は、この時期を機会に内なる自分に祈りをささげてみませんか?TVやスマホから離れた時間を意識してみましょう。

クリスマスの時期は、高い次元の生命霊(ブッティ)が近付く年に一度の貴重な時

毎年のクリスマスから新年にかけての時期は、アストラル体(感情体)と高ーい次元の高級な層がもっとも私たちに近づく時期です。神聖な気持ちで心静かな気持ちで過ごすことが来年春の復活祭のころに実りをもたらします。まさにクリスマスから新年にかけては「今でしょ」の時期です。世界が祈りの波動に包まれますので、ぜひとも神聖な気持ちを同調しておすごしください。キリスト教ではなくても、「神聖なものと繋がる時期」としてとらえれいただければ、(人智学ではキリスト意識と表現したりします)よいと思います。

人は魂を成長させるために、生まれてきている

未来を創る神聖な時期をお過ごしくださいね。
愛をこめて

関連記事

  1. ヨーガとヨガ

  2. シータヒーリング-感情には毒のようなものがあり、それが病気の原因

  3. スピリチュアルコンサルティング

  4. エドガー・ケイシー

  5. 松野哲也先生「ガンは怖くない」

  6. 瞑想

  7. 千島学説

  8. シータ波とは

おすすめ記事 最近の記事

アーカイブ